"かくれているポケモン"の見つけ方を海外のユーザーが考えていました。

sighting-01
※画像は新たに作り直しています(解説は意訳)


↓ 以降順を追って解説します

関連記事: ポケモンGoで卵を孵化するときの距離の測定法がこれらしい
関連記事: キャラ相性比較や進化後のCP計算で使える"Win the Gym"と"Evolver"の使い方

※以下redditのこの投稿を元にした解説です。

手順1 : ポケモンGoをプレイ中、"かくれているポケモン"にポッポを発見します。
その場所をA地点とします、ここからポッポの探索をスタートします。この時点では半径200m(といわれている)にポッポがいるのは分かりますがどの方向に行けば良いのか分かりません。


sighting1a-01



手順2 : 次にA地点から適当にポッポがいそうな方へ真直ぐに進みます。ポッポから200m以上離れると"かくれているポケモン"からポッポが消えます。そこをB地点とし覚えておきます。

sighting2a-01



手順3 : B地点から反転し来た道を戻ります(A地点に向かって)。そうするとポッポがまた"かくれているポケモン"に現れるのでそのまま真直ぐ進み続けます。A地点を過ぎて再びポッポが"かくれているポケモン"から消えた所をC地点として覚えておきます。これはB地点とは反対側の"位置検出サークル"の印です。

sighting3a-01



手順4 : 次はB地点とC地点の中間地点を探します。C地点から反転してきた道を戻り場所を決めます、これをD地点とします。

sighting4a-01



手順5 : D地点についたらBとC地点の直線と垂直になるように左右どちらかに曲がり、真直ぐ進みます。このとき、運良くポッポの方に向かって進めば捕獲作業に入れますが、下図の様にポッポと反対の方に曲がって進んだ場合ポッポが"かくれているポケモン"から再び消えます。そこをE地点とします。

sighting5a-01



ここでB,C,E地点を通る円を結んで行くと円の中心に対象のかくれているポケモンがいる事が推測出来ます。


sighting5-01



手順6 : 手順5でポッポが見つからなかった場合は簡単です。E地点から反転しD地点を通りすぎて真直ぐ進むだけです、以上で解説は終りです、上手く使えば対象の"かくれているポケモン"を見つけるのに役に立つを思います。

sighting6-01


※ポケモンの発生時間内での作業になるので早い手順で見つかればいいですがなかなか見つからないと途中で時間切れで消えてしまう事もあります。そのため数人で最初の地点から分担作業をする事により早く探索を進める方法がいいと言う意見が出ていました。

※実際に上手く行っている人もいるようですが、上手く行かない事もありますのでこれを参考にして探索をするのがいいと思います。




コメント用< 風邪引いてだるい
GARMIN(ガーミン) 登山用 ハンディ GPS eTrex 10J 【日本正規品】 97006
GARMIN(ガーミン) (2012-02-06)
売り上げランキング: 16,651